Pages

Subscribe:

2013年4月12日金曜日

Q158 8枚の金貨

Q158 8枚の金貨


8枚の金貨があります。
この中には1枚、鉄で作られた偽物がありますが、見た目では全く判断できません。ただ、他のものより少し軽くなっています。

さて、天秤を使って偽物を見つけたいと思うのですが、そのためには最低何回天秤を使えばいいでしょうか。



答え:2回

解説:
コインを「3枚」「3枚」「2枚」のグループに分けます。
そして「3枚」の2つのグループを、天秤の左右にのせます。
これで釣り合えば、残りの「2枚」のグループに偽物があることが分かり、その2枚を天秤に載せれば、真偽が判明します。
また釣り合わなければ、「3枚」のグループのうち、鉄のものは軽いので、軽かったグループの方をさらに「1枚」3つのグループに分けた上で2枚天秤に載せ、釣り合わなければ軽かった方を、釣り合えば残りの1枚が偽物ということになります。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...