Pages

Subscribe:

2013年12月18日水曜日

Q308 5匹の猿と6つの菓子

時は江戸時代。
ある国のお殿様はたいそう猿が好きで、5匹の猿を飼っていました。

ある日、お殿様に美味しそうなお菓子が6つ献上されました。お殿様はそれを、大好きなペットの猿に分け与えようとしました。
ですがお菓子はもろく、少し触っただけでぼろぼろに砕けてしまいます。

そこでお殿様が、武士のあなたに、六つのお菓子を、5匹の猿に、手を使わずに等しく分け与えよと命令されました。

そんなの不可能だと思ったあなたは、何と返事を返したでしょうか?
ひらがな9文字で、次の画像に当てはまる言葉を考えてください。
Q308 5匹の猿と6つの菓子




答え:むつかしいでござる(六つ菓子いで五猿)。

Q308 5匹の猿と6つの菓子

解説:手を使わずに、六つのお菓子を五匹の猿に分け与えるのはとても難しいことなので、

むつかしいでござる六つ菓子五猿)」

と返事を返しました。

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...